top of page

6月4日・三位一体の主日(A年)

出エジプト記34.4b-6, 8-9・ダニエル補遺・アザルヤ29, 30+31+38・二コリント13.11-13・

ヨハネ3.16-18


私たちの生活の中で最も普通の日における私たちの召命


私たちは、今、ご復活節の7週間の後につづく、2番目の週(私たちの教会のカレンダーでは年間第九週)を迎えています。四旬節や復活節のともかく荘厳で重複するテーマの後でさえも、神さまのみことばの黙想における私たちの熱意を保ち続けることを強調したいと思いますが、典礼の内ある普通な日々における数週間は、私たちの典礼の最も豊かさゆえに、確かに素晴らしい時なのです。今月の日曜日の典礼において、私たちは、最も聖なる三位一体の祭日(今日)、次の週には、最も聖なる主の御からだと御血の祭日、その後の金曜日には、最も神聖なるイエス様のみこころの祭日があることを心に刻んでおきましょう。私たちの教会の典礼の豊かさと、聖なる三位一体の一致から溢れ出る愛と恵みを通して、私たちは私たちの生活の中での最も普通な日々における自分たちの召命は、どのようにして神さまの(聖霊の)愛と恵みが私たちをインスパイアさせてくれるのかを見て、目の当たりにするのかを理解するかもしれません。そして、私たちのインスピレーションを受けた経験を他の人々に広げ、分かち合うことができます。

   最も聖なる三位一体の教えは、神さまが深く関わってくださっていることを思い出させてくれます。だらしなさ(私たちの罪)から私たちを贖ってくださるために、みことばから肉となり、キリストの犠牲の結果として聖霊の恵みを通して(私たちを罪から贖ってくださった)私たちに注いでくださった事から、御父である神さまの愛は明らかにされます。確かに、私たちは三位一体の神秘を部分的にしか理解できていません。(神さまの愛がとても圧倒的であることは理解される。)けれども、「父と子と聖霊」として示され、明らかにされた神さまの知恵にすべてをゆだねています。

   第一朗読で、神さまのイメージは、怒るに遅く、確固たる愛と真理に溢れ、情け深く寛容で、 モーセはひれ伏し、私たちかたくなな人々のために請願を申し出ました。私たち、現代の神様の民は、いつも全くのかたくなさから私たちを救い、本物のクリスチャンとしての生き方へと導かれるよう、祈り続けています。

   福音朗読では、イエス様がニコデモに神さまの愛と救いについて話されたことであると、私たちは気づくでしょう。永遠の命の約束のためにイエス様を信じなさいと、招かれています。聖なる三位一体の意味をもっと深く掘り下げ、そして、三位一体で存在されている唯一の神さまに溢れている一致と愛と恵みを私たちの心の底から見つけだし、畏敬の念のうちに、父と子と聖霊の御名によって、多くの人々に洗礼を授けるという偉大な使命に参加するようにとインスパイアされています。

   今日の第二朗読では、聖パウロが、コリントの人々を勇気づけ、道を補修するための過程を耐え、お互いに聖なる挨拶をするようにと語っていることが読み取れます。これらのプロセスは、私たち自身と共同体で喜びと平和の生活をもたらします。確かに、私たちには、神さまの愛とゆるしについて、お互いに分かち合うことがたくさんあります。あなたの貴重な時間の一部を分かち合い、もっとも益となる場所をみつけられるでしょうか?これらのすべての事を理解するためには、私たち自身が長い間作り続けてきた壁や、その他の事や道筋、私たちが神様の愛とゆるしを分かち合うことを知ることを妨げるような考え方、これらを破壊するように努力する必要があります。

Recent Posts

See All

2024年5月19日・聖霊降臨の主日(B)

使徒言行録2.1-11・詩編104.1b+24,29+30,31+34・ガラテヤ5.16-25・ヨハネ15.26-27,16,12-15 7週間に及ぶ復活節の心持ちは、イエス様の栄光に満ちた命によってもたらされる喜びの 意味を、私たちにもっと深く理解させてくれます。そして、イエス様が死(十字架上での死)に打ち勝たれた事で、もっと簡単で単純に理解する事ができます。私たちへの神さまの永遠の愛の礎となる

2024年5月12日・主の昇天の祭日(B)

使徒言行録1.1-11・詩編47.2+3,6+7,8+9・エフェソ1.17-23・マルコ16.15-20 今日の主の昇天の祭日において、イエス様のご復活という事実に対する私たちの信仰の 3つの主な側面を、私たちは思い起こします。ご復活されたキリストに対する私たちの 信仰の1つ目の主な側面は、イエス様が「新しい命」に入られる事、同様に、イエス様は 二度とお亡くなりにはならないという事への理解について

2024年5月5日・復活節第6主日(B)

使徒言行録10.25-26,34-35,44-48・詩編98.1,2+3a,6+7b+8b・1ヨハネ4.7-10・ヨハネ15.9-17 先週のみ言葉の分かち合いのポイントは、私たち信徒の一人ひとり、特にイエス様と真に 繋がっている人々にもたらされる豊かな実り・作り出されるものについてでした。 私たちは、イエス様が私たちと繋がってくださっているぶどうの木である事を学びました。で

Comments


bottom of page