top of page

8月27日・年間第21主日 (A)

イザヤ 22. 19-23・詩編 138. 1+2ab, 4+5+7d, 8・ローマ 11. 33-36・マタイ 16: 13-20



私たちは皆、神さまの権威と保護のうちにいます。


  あなたと私は、日曜日と時には週日でさえも教会に来て、イエス様を救い主であり、私たちの日々の生活の主であることを宣言します(心から認めます)。神さまのいつくしみ深いお恵みあふれる教会で、あなたと私がイエス様のことをもっと知り、そして、キリストのうちにキリストと共に、より多くの人生を経験できるように導いて下さる秘跡にあずかります。確かに、イエス様をより深く知り、そして、信徒としての生活をもっと深める経験をするために、共同体で祈り、共同体としてミサにあずかることは役に立ちます。 

 

  私たちは、イエス様に対して個々の理解をしていて、多くの異なるやり方で教会にきますが、私たちは各々、独自の環境や周囲の状況の中で生まれ育ったので、イエス様に対してのレスポンスは、それぞれの生活の中で異なっているように見えるかもしれません。なによりまず、私たちが、心の底からイエス様を私たちの主であり救い主だと認めている友人(自分たちの小教区共同体の中だけではなく)を持つ事のメリットを、どのように喜びとしてきたかについて黙想するよう、私たちは、今日の典礼によって導かれています。生活の現実にもかかわらず、または「生活の現実によって」と言った方が良いかもしれませんが、私たちは、どのようにしてイエス様がキリストであり救い主であると心から認めたのかを、他の人たちに話すことでつながりを持つ事もできます。私たちの共同体や小さな友達の集まりの中で、他の人たちも私たちとつながることを喜びとするよう導くのです。彼らの日常生活の中で、イエス様の権威を心の底から認めることができる人は幸いです!


  イエス様がキリスト(救い主/メシア)であるというペトロの認識は、大切な信仰活動について伝えています。そして、この信仰活動は、私たち皆にとって、カトリックの信徒であるという私たちのアイデンティティが真であるということを伝えるために必要なことです。私たちが教会での秘跡にあずかる時、イエス様の神聖な本質と、私たちの中でのイエス様の権威をも私たちは認めます。


  今日の朗読は、神さまの叡知の深さは計り知れない事を語っていますが、私たちは皆、神さまの権威と保護のうちにいることを理解できます。教会のすべての活動と聖体祭儀のうちにおられるキリストの存在とその他の秘跡、私たちの信仰共同体のすべてにおいての、そして、私たちそれぞれの心の中での聖霊の内在は、私たちの弱さにも関わらず、私たちを祝福し、すべての聖なるものを生み出し続けます。そして、神様を知ることで巡礼教会をもっと成長させてくださるのです。

Recent Posts

See All

2024年5月19日・聖霊降臨の主日(B)

使徒言行録2.1-11・詩編104.1b+24,29+30,31+34・ガラテヤ5.16-25・ヨハネ15.26-27,16,12-15 7週間に及ぶ復活節の心持ちは、イエス様の栄光に満ちた命によってもたらされる喜びの 意味を、私たちにもっと深く理解させてくれます。そして、イエス様が死(十字架上での死)に打ち勝たれた事で、もっと簡単で単純に理解する事ができます。私たちへの神さまの永遠の愛の礎となる

2024年5月12日・主の昇天の祭日(B)

使徒言行録1.1-11・詩編47.2+3,6+7,8+9・エフェソ1.17-23・マルコ16.15-20 今日の主の昇天の祭日において、イエス様のご復活という事実に対する私たちの信仰の 3つの主な側面を、私たちは思い起こします。ご復活されたキリストに対する私たちの 信仰の1つ目の主な側面は、イエス様が「新しい命」に入られる事、同様に、イエス様は 二度とお亡くなりにはならないという事への理解について

2024年5月5日・復活節第6主日(B)

使徒言行録10.25-26,34-35,44-48・詩編98.1,2+3a,6+7b+8b・1ヨハネ4.7-10・ヨハネ15.9-17 先週のみ言葉の分かち合いのポイントは、私たち信徒の一人ひとり、特にイエス様と真に 繋がっている人々にもたらされる豊かな実り・作り出されるものについてでした。 私たちは、イエス様が私たちと繋がってくださっているぶどうの木である事を学びました。で

Komentáře


bottom of page