top of page

9月17日 · 年間第24主日(A)

シラ27・30-28・7、詩編103・3+4、8+13、11+12、ローマ14・7-9、マタイ18・21-35


すべてのいのちを守るための月間(9月1日-10月4日)


今日の私たちの短い黙想のために、答唱詩編のことばは、今日のその他の全ての朗読に対しての各々の理解が明らかになるための、とても基礎的な中継地点となり得ます。私たちは、私たちの罪をおゆるしくださり、悪い感情・痛み・悪意があるように思われる心のために破滅の危機にある人びとに、救いをもたらしてくださる神さまについての基本的な知識を与えられています。冷静さ、自制心、隣人への溢れる愛、心の平和、謙虚さなどすべては、私たちの癒し手である神さまの救いの業によって、絶え間なく溢れ出ています。これは、命あるすべてのものに対して、私たちを神さまの子どもとして、私たちの命をお守りくださる神さまの御業です。


今日の第一朗読と第二朗読の両方に書かれている強さと懇願は、自分のために死ぬことと主のために生きることという人生の目的を受け入れ、大切にするようにと私たちを導いています。私たちの憤り/復讐と怒りを宝物であるかのように持ち続ける(そのために戦う)価値のあるものとして維持しようとする傾向は、私たちのプライドとこの世の自衛本能ゆえに、人間の生活において、そして、被造物全体において、永久的に/継続的に繰り返し懸念されるのかもしれません。しかし、最終的な結果として、天国での交わりを悪くするかもしれないこれらの傾向に、私たちが屈してしまう時にのみ、私たちは罪びととなります


私たちは、プライド、嫌な気持ち、復讐へと駆り立てられる傾向を乗り越えた後に、自分自身とても傷ついたと考えるかもしれません。けれども、結局、とても傷ついたと感じるということは、心配することではないのかもしれません。私たちは、自分たちが神さまの傷ついた子供たちであると気づきますが、平静で真の平和のうちに生きることは、その価値を保ち続けるに値するほんの少しの宝物なのです。かつて、この地上を歩まれたイエス様もまた、他の人々の悪のために傷つかれました。イエス様は傷つかれましたが、神さまの救いのご計画の叡知によって癒されました。イエス様は、私たちの傷つかれた癒し主として、今もおられるのです。


私たちは、神さまの癒しとゆるしの受け取り手ですが、絶えず自分自身のために死に、神さまのために生き続けている私たちもまた、単なる受取り手としてだけではなく、神さまの愛から発せられ、溢れ出ているゆるしを与えるものとして召されていることを、私たちはよく知っています。


私たち皆が今日黙想したこと、知って理解したことすべてが、神さまへの信仰と信頼の現実での表れとなり、私たちの心の修練となりますように、皆で共に祈りましょう。

Recent Posts

See All

2024年5月19日・聖霊降臨の主日(B)

使徒言行録2.1-11・詩編104.1b+24,29+30,31+34・ガラテヤ5.16-25・ヨハネ15.26-27,16,12-15 7週間に及ぶ復活節の心持ちは、イエス様の栄光に満ちた命によってもたらされる喜びの 意味を、私たちにもっと深く理解させてくれます。そして、イエス様が死(十字架上での死)に打ち勝たれた事で、もっと簡単で単純に理解する事ができます。私たちへの神さまの永遠の愛の礎となる

2024年5月12日・主の昇天の祭日(B)

使徒言行録1.1-11・詩編47.2+3,6+7,8+9・エフェソ1.17-23・マルコ16.15-20 今日の主の昇天の祭日において、イエス様のご復活という事実に対する私たちの信仰の 3つの主な側面を、私たちは思い起こします。ご復活されたキリストに対する私たちの 信仰の1つ目の主な側面は、イエス様が「新しい命」に入られる事、同様に、イエス様は 二度とお亡くなりにはならないという事への理解について

2024年5月5日・復活節第6主日(B)

使徒言行録10.25-26,34-35,44-48・詩編98.1,2+3a,6+7b+8b・1ヨハネ4.7-10・ヨハネ15.9-17 先週のみ言葉の分かち合いのポイントは、私たち信徒の一人ひとり、特にイエス様と真に 繋がっている人々にもたらされる豊かな実り・作り出されるものについてでした。 私たちは、イエス様が私たちと繋がってくださっているぶどうの木である事を学びました。で

Comments


bottom of page